第16回伊江島一周マラソン大会

[沖縄のハーフマラソン] Posted at 08/04/12

第16回伊江島一周マラソン大会①

沖縄本島北部の本部半島沖に位置する離島、伊江島を一周するマラソン大会です。


にほんブログ村 ジョギング・マラソン

基本データ
開催日:2008年4月12日(土)
開催地:伊江島(国頭郡伊江村)
種目:ハーフ,10km,5km,3km(すべて非公認)
URL:伊江村役場の公式ホームページ


伊江島は美ら海水族館の真正面に見える島で、本部港からフェリーでちょうど30分到着します。
マラソンのスタート会場はフェリーの着き場から北に1km弱いったところにある、ミースィ公園という公園ということになります。

上の写真はミースィ公園に向かう途中です。マラソン参加者は全部の競技で1600人ほど。私がこれまで参加したマラソンの中ではダントツに少ない人数です。村の大イベントだというのに、離島のマラソンらしくのんびりした雰囲気であります。


ie03.jpg
会場のミースィ公園をちょっと上から眺めたものです。キレイな芝生の公園。

第16回伊江島一周マラソン大会②
2008年度の大会については、ハーフのスタートが14:30。朝一番のフェリーで来たので、スタートまでは伊江島をちょっと観光する時間があります。

伊江島のランドマークであるタッチューというもっこりした山を登る。マラソン会場からは徒歩でもがんばれば行ける距離ではありますが、レンタサイクルを借りた方が無難です。

ie17.jpg
城山(たっちゅー)のてっぺんからは、島全体を見渡せる。もちろんマラソンコースも。

その後、港の食堂でご飯を食べたり、名産のピーナッツのアイスを食べたり、ふらついてるうちにスタート時刻。

ie05.jpg

離島の大会なのでスタートものんびりした雰囲気です。なんだかんだでいつの間にかスタート!

ie05.jpg
スタートからは島をひたすら西に向かいます。伊江島は葉タバコ、ピーナッツが名産。マラソンコースは葉タバコ畑を左右にみながら進んでいきます。伊江島は伊江牛という品種の牛も実は有名だそうで、道路沿いあちこちに牛舎が見えます。とうぜん牛の糞の臭いもたまに漂ってきます。

第16回伊江島一周マラソン大会③

伊江島一周マラソンの特徴の一つに、普段は入れない米軍基地内に入れることがあげられます。

伊江島の西部は米軍の演習場になってます。当然普段は入れないのですが、マラソンコースはこの基地内を突き抜けていきます。

ie07.jpg
ここがスタートから5.5kmほどのところ。フェンスが開いていて、軍人さんが数人お出迎え。

ie08.jpg
ゲートを入って直ぐ伊江島灯台。小さい灯台です。

ie09.png
米軍基地といっても、落下傘部隊の降下訓練などに使われている場所なので、特に戦車とか飛行機があるわけでもなく、建物も建っていません。いたってふつーな平地を走っていきます。

ie10.jpg
米軍敷地内を海沿いに3.5kmほど進んだところで、こんな雰囲気の出口。

第16回伊江島一周マラソン大会④
米軍基地を抜けてしばらく進むと、伊江島のシンボル城山(タッチュー)が見えてきます。ここまでくればマラソン半分終了です。


ie12.jpg
一周マラソンといっても、海沿いを一周走るわけではなく、海からはけっこう離れた場所を走ります。ゆり祭りの会場である「リリーフィールド公園」とか、断崖絶壁の展望台「わじー(湧出)」などの観光スポットも通りません。

ie13.jpg
15km地点すぎ、島の東側までやってくると、ちょっとだけ海が見えました。海をみながら走りたい!と思う人には向かない大会かもね。


第16回伊江島一周マラソン大会⑤
伊江島を東端までいったら、こんどはまたタッチューへ向かって西に向かいます。

集落っぽいところを通り過ぎてミースイ公園に戻っていきます。

ie15.jpg
陸上競技場とはちがって広場なのでこんな感じにプランターが並べられている、かわいいゴール地点です。

一人一人ゴールする人をアナウンスしてくれました。うれしいけど君づけだったので調子くるう。中年オトコに君付けされてもね。


コースの印象としては、アップダウン少な目で走りやすいコースだと思いました。

伊江島一周マラソンの戦利品、まずは泡盛。
第16回伊江島一周マラソン大会⑥

専用ラベルなのがうれしいですが、伊江島の泡盛というわけではなく、なぜか久米島の久米仙。

ie01.jpg
マラソンの記念品としては定番のTシャツです。タッチューがデザインされています。

ie18.jpg

ie19.jpg
それから食事も無料。マラソン申し込み時の申し込み用紙に(牛汁、魚汁、沖縄そば、弁当)のうちどれかを記入しておいて、それを引き換える方式。漁協の人たちがつくる魚汁、魚が新鮮だからとてもおいしかった!

伊江島マラソンは沖縄本島から近いので、日帰りできるのが特徴。私は日帰りで帰りましたが、後夜祭は盛り上がるらしいので、宿泊しちゃってもよかったかなとは思いますね。



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門